あなたに最適な脱毛方法は?部位によって変わる脱毛方法の紹介


「自分での脱毛処理にいい加減疲れてきた・・・。ここは意を決して脱毛しよう!」そんな風に思っても、どんな脱毛方法があるのかわからない人もいます。脱毛方法にもいくつかあるだけでなく、部位毎によっても最適な脱王方法は変わってくるからです。また、様々な脱毛方法がある中で、それぞれにメリット・デメリットがあります。一概に「これが正解」という脱毛方法は存在しません。

そこで脱毛したい部位ごとにおすすめの脱毛方法を紹介します。しかし、これはあくまでおすすめです。脱毛したい部位によって範囲の広さも違ってきますし、最終的にどうなりたいのか、ということにも影響してくるので、脱毛方法を選ぶ時の参考程度にしてもらえればと思います。

まずはどんな脱毛の種類を紹介していきます。

脱毛の種類(エステ&クリニック)

今回ご紹介するのは自宅で行える処理方法はのぞいています。肌への負担も最小限に、そしてきれいに脱毛するためにもエステサロンやクリニックなどの専門的なところでの脱毛方法についてご紹介します。

レーザー脱毛

毛根は黒い色素であるメラニン色素によってできています。このメラニン色素だけに反応する特殊なレーザーによって熱を与えることで、毛の育成に重要な役目を果たしている毛母細胞や毛乳頭へダメージを加えて破壊することで脱毛します。痛みは少なく、肌への負担もありません。また、レーザーで一気にできるので短時間ですみます。詳しいレーザー脱毛についてはコチラから

ニードル脱毛(電気脱毛)

毛穴に針をさして高周波や低周波などの微電流をながすことで、毛乳頭を破壊する脱毛方法です。当然一本ずつ毛穴に針を刺していくので大きな痛みを伴う上に、施術時間も非常にかかります。しかし永久性は非常に高いので、永久脱毛を望まれている方にはおすすめの脱毛方法です。詳しいニードル脱毛(電気脱毛)についてはコチラから

フラッシュ脱毛

カメラのストロボのようなフラッシュライトを毛穴にあてることで、毛母細胞・毛乳頭を破壊する脱毛方法です。毛根のメラニン色素に反応して破壊する原理はレーザー脱毛に近いのですが、レーザーは医療機関しか使えない方法のため、エステサロンや脱毛サロンで使われています。痛みも少なく肌への負担もありません。また、施術時間も短時間ですみます。詳しいフラッシュ脱毛についてはコチラから

 

このようにいくつかの脱毛方法がありますが、部位や毛の種類によっておすすめの脱毛方法はかわってきます。

部位による脱毛の種類について

おすすめの脱毛方法は部位や毛の種類によっても変わってきます。部位それぞれの毛の特徴を考えつつ、また費用対効果なども含めてピッタリの脱毛方法を選んでいきましょう。

黒くて太い毛の場合

頭皮やワキ、ビキニラインなどはメラニン色素が多いため、比較的太い毛が多いです。毛周期についても、ワキでしたら3~5ヶ月、ビキニラインの場合は1年と非常に長く、ゆっくりと生え変わっていきます。ですので、どうしても脱毛していくには長い期間を考えていかなければなりません。

メラニン色素が多いということは、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛による方法で効果が出やすい部位です。しかし毛の量が多い部位でもありますので、全部きれいに脱毛したいという場合は、なかなか満足行く結果になりにくいでしょう。

完全に脱毛したい部位でもありますので、その場合はニードル脱毛(電気脱毛)がおすすめですが、他の脱毛方法に比べて費用も高い場合が多いです。ですから、最初の段階で広範囲をレーザー脱毛や光脱毛で減毛させながら、残った毛をニードル脱毛(電気脱毛)で処理していくことがおすすめです。

産毛などの細い毛の場合

顔周りの毛や背中、手、足といった、比較的細くて少ない毛の場合は、そこまで目立たないこともありますので、神経質にならずにフラッシュ脱毛で全体的に処理していく方法がおすすめです。施術面積も広いので、比較的費用が安く抑えることができます。

フラッシュ脱毛で全体的に処理をしていって、残って目立ってしまっている部分はニードル脱毛で処理していくのが効率的でしょう。また、顔の中でもデリケートな眉や鼻下の部分は、ニードル脱毛で一本ずつ丁寧に処理していけばキレイに仕上げることが可能です。

ただ細すぎる産毛などはフラッシュ脱毛やレーザー脱毛では処理しきれませんので、目立ってどうしても気になってしまうようであれば、ニードル脱毛(電気脱毛)で処理していくのがいいでしょう。