脱毛ってやっぱり痛いの?種類や部位で変わる脱毛の痛みとは


脱毛って痛いって聞きますよね。でもすべての脱毛が痛いわけではありません。種類や部位によってその痛みも様々なのです。

脱毛の種類による痛みについて

脱毛の種類によって痛みは変わってきます。その痛みに応じて脱毛の効果や永続性なども変わってきますので、しっかりとメリット・デメリットを考えた上で最適な脱毛方法を選びましょう。

光脱毛

今脱毛で主流の光脱毛はそれほど痛みは感じません。なかには脱毛の施術中に寝てしまう人もいるくらい。少し熱いと感じる程度です。そして個人差もありますが、数年後に数カ所生えてくることがあります。
また、最近ではIPL(インテンス・パルス・ライト)脱毛、フラッシュ脱毛、プラズマ脱毛、コスモライト(I2PL)脱毛など、光脱毛の中でもいろいろな種類がでてきました。これらは使われる光の種類が違っているのですが、その原理自体は同じです。

ワックス(テープ)脱毛

ワックス(テープ)脱毛は、一瞬だけど一気に毛を抜くのでその瞬間だけとても痛い脱毛方法です。そしてただ毛を抜くだけなので、他の脱毛方法と違って再び毛が生えてきます。

ニードル(針)脱毛

毛穴に針を差し込んで電気を流して毛根を死滅させるニードル(針)脱毛は、針を刺すだけあって痛みが一番大きいです。さらに一本一本脱毛していくので時間がとてもかかります。あまりの痛さのせいで、なかには麻酔してくれる病院もあるほど。でも脱毛の永続性が一番高いのもこの方法です。

レーザー脱毛

レーザー脱毛は輪ゴムで弾かれた程度にチクリとした痛みを感じると言われています。しかしレーザーの出力の大きさによって痛みも変わってくるので一概にこれくらいという基準がありません。こちらもフラッシュ脱毛と同様、数年後に数カ所生えてくることがあります。

 

脱毛は痛いものです

基本的に脱毛は痛いです。だからこそ脱毛サロンでは少しでもその痛みを軽減できるように専用の鎮静クリームを使用したりなどの工夫をしています。しかし痛みと効果や永続性は比例してしまうのも事実です。痛ければ痛いほど、しっかりと脱毛できているのです。また、痛みを少なく効果を最大限に出すには、医療クリニックなどで麻酔を使用することになりますので、当然お金もたくさんかかってしまいます。

そこらへんはあなたが考えている予算と相談しながら、最適な方法を選ぶことが大切です。