肌へのダメージは最大級!?トラブル三昧の毛抜き処理


ワキを自分で処理する時、カミソリでシェービングしないで毛抜きで処理する人も多いですよね。シェービングだとどうしても剃ったあとの断面が黒いポツポツして目立ってしまいます。しかし毛抜きで処理した部分は断面が毛穴から見えないので、剃毛に比べるとすごくキレイに仕上がったように感じます。だから黒いぽつぽつが目立つと恥ずかしいワキ毛は毛抜きで自己処理している人が多いです。

また、毛抜きで処理することで、毛根部分から上手く抜けた時には、毛が表皮まで伸びる期間は脱毛や除毛の必要がありません。そのため一度処理してしまえば次までの脱毛間隔が比較的長めです。また、何度も毛球部分から抜くことで、毛母細胞や毛乳頭が破壊されて、毛がだんだんと生えてこなくなることもあります。

コスト的にも一度毛抜きを買ってしまえば、それ以降は何か買う必要も無いですし、そんなに頻繁に買い換えるようなものでもないので、自分で行うムダ毛処理の中ではもっともコストパフォーマンスが高い方法です。

 

キレイで効果も長持ちに見える毛抜きの落とし穴

処理後もキレイで効果も長持ち、そしてコストパフォーマンスも高い毛抜きでの自己処理ですが、反面少なくないデメリットもあります。

処理時間の手間と長さ

毛抜きで一本ずつ抜いていくので、広い範囲の脱毛をするときにはかなりの時間を要します。また、無理やり毛を引っこ抜くので当然痛みも伴います。とくにデリケートな部分は慣れてもそれなりに痛いです。。ただ、中には毛がどんどんキレイに抜けていく快感にハマって、延々と抜く作業を苦に感じない人もたまにいますが(苦笑)

ムダ毛処理の中でも最大級の肌へのダメージ

毛根から無理やり引きぬくので、毛穴の中に毛球や毛母細胞などの様々な組織にダメージを与えてしまうことも少なくありません。上手く毛が生える毛乳頭などをピンポイントで破壊できれば、今後毛が生えなくなる可能性もありますが、周りの毛穴や終焉の皮膚組織にもダメージを与えてしまうと、炎症を起こしたり、ひどい場合には化膿してしまうこともあります。そうなると毛穴がポツポツと腫れ上がって鳥肌のような状態になってしまいます。そこの傷めている毛穴から細菌が入ってしまった時には、毛膿炎を起こしてケロイドや色素沈着の原因となってしまいます。

たとえ毛穴のダメージが治ったとしても、その治り方が毛穴をふさがったようになってしまった場合、次に生えてくる毛が毛穴から出られずにもぐったままの状態になってしまいます。これを埋没毛と言いますが、放置しておくとそのまま化膿して毛膿炎を起こすことが多いです。まれに毛をつっついて無理やり抜いてしまう人もいますが、それがまた埋没毛となることも少なくありません。

ムダ毛処理後を見ればわかるほどのダメージ

このように毛抜きによるムダ毛処理は肌へのダメージがとても大きく、シミになる可能性が非常に高いです。また、ずっと毛抜きで処理していた人の場合、その場所(ワキなど)の皮膚をひと目みればすぐにわかります。それくらい毛抜きというのは皮膚を痛めてしまうということです。

 

長い目で見れば脱毛のプロに任せるのが一番

ムダ毛処理をするのは、自分でやるのではなく、脱毛サロンや脱毛クリニックなどの専門的なお店で脱毛のプロフェッショナルにお願いするのが一番です。それは決して技術的な部分だけではなく、そういった専門的なお店は脱毛後のアフターケアもしっかりとしているからです。

自分でムダ毛を処理する手間や、トラブルがあった後の処置、その後のケアなどを考えれば、例え最初にお金がかかってしまったとしても長い目でみれば決して損ではないと思います。なによりも肌がキレイなまま保てるのは本当に大きいですよね。

将来、「あの時自分でムダ毛処理していたせいで肌が汚くなっちゃった…」なんてことにならないように、ちゃんと考えてムダ毛処理していきましょう。

 

どうしても自分で処理したい人のために

そうはいってもお金が無ければ脱毛サロンや脱毛クリニックには通えません。どうしても自分で処理しなければいけない場合などは、しっかりと知識を身につけて、細心の注意をはらって処理していきましょう。

サロンで脱毛する場合

デリケートゾーンを脱毛する際は、キャンペーンなどに参加することをおススメします。

vioラインは、人に見られるのは恥ずかしいですし、痛みもでやすい場所です。なるべく、刺激・痛みがなく、お値段も自分にあったコースにしたいものです。

サロン選びの情報をGETして、デリケートゾーンを脱毛しましょう!