夏にはツルツルになるために最適な脱毛を始める時期について


「来月海に行くんだけど、全然お肌のお手入れしてない!どうしよう…( TДT)」

いざ旅行や遊びの計画が決まってから焦ることが多いですよね。

でも実はもう手遅れなのです。。。

時期としても脱毛の需要が高まってくるのは春先です。
薄着の季節になってきて、腕や足、ワキの自己処理も面倒だし、この機会に脱毛しちゃおう~(*^_^*)なんて考えてる人が多いのですが、春からの脱毛はできるだけ避けた方がいいです。

もちろん1年中脱毛することは可能なのですが、一番効率よく、そしてお肌の負担も少なく脱毛するには、秋から始めるべきです。

 

毛周期に合わせて脱毛

毛には生え変わるサイクルがあります。一度脱毛しただけでは、毛が無くならないのです。それを毛周期と呼ぶのですが、この毛周期に合わせて脱毛をしていくことで、徐々に毛が少なくなって脱毛できるのです。

ただ、その毛周期というのは、身体の毛穴によっても変わってくるのですが、だいたい1ヶ月~3ヶ月くらいです。だから一度脱毛した部位は、最大3ヶ月は次の脱毛ができないのです。例えば春先の4月に脱毛を始めてしまうと、次に脱毛するのが7月とかになってしまいます。これではさすがに間に合いません。

また、夏場は脱毛サロンの繁忙期のため、とにかくお店の予約を取ることが大変です。せっかくキャンペーンを使って申し込んでも、全然予約が取れなくて脱毛できない…なんてことになりかねないのです。

さらにはムダ毛の自己処理ができないのも大問題!脱毛中は自己処理は極力避けなければいけません。特に施術当日やその前後2~3日は我慢することが望ましいとされています。

肌の露出が避けられない夏真っ盛りの時期に、自己処理ができないということは…。はい、春から夏の脱毛は危険です(笑)

 

日焼けと脱毛の最悪な相性

脱毛するときに必ず注意してほしいのが、脱毛前の日焼けも、脱毛後の日焼けも絶対にさけることです。

今ほとんどの脱毛方法は光(フラッシュ)脱毛が主流なのですが、光(フラッシュ)脱毛は黒い色素に反応してしまいます。日焼けをしたことによって肌が黒くなってしまったせいで、光(フラッシュ)脱毛のターゲットが分散してしまい、脱毛効果が低くなってしまいます。

また、日焼けをしたことでお肌が一時的に乾燥した状態になってしまいます。その状態で脱毛をすると痛みを感じやすくなってしまう他、日焼け直後の肌は刺激に敏感になっているので、脱毛がとても負担がかかります。

脱毛後の日焼けも厳禁です。例えばレーザー脱毛の場合ですと、レーザー脱毛直後に紫外線を浴びて日焼けしてしまうと、肌が火傷状態におちいってしまい、皮膚内部でたくさんのメラニンがつくられてしまい、その結果炎症性色素沈着と呼ばれる状況になります。ようするにレーザー脱毛した毛穴部分が黒ずんだシミになってしまうのです。しかもこの色素沈着はなかなかとれません。人によっては毛穴の中で炎症を起こしてしまう人もいます。

とにかくどのような脱毛方法にしても、日焼けと脱毛は肌トラブルの原因となるので、出来る限り日焼けしない時期を選ぶようにしましょう。